HOMEお掃除ビフォアー&アフター水まわり >洗濯槽クリーニング パナソニック NA-FR80H5 横浜上大岡店

洗濯槽クリーニング パナソニック NA-FR80H5 横浜上大岡店

 春の陽気が続き、今週末には今年初の真夏日を記録するかもしれないと言われる関東地方。

 

ご自宅の洗濯機を洗う必要があると思いつく方がどれほどいらっしゃるでしょうか?

 

実は奥様方からご相談を多く頂く『洗濯槽クリーニング』。

 

かくいう私も洗濯機は衣類をキレイにするもので、

 

洗濯機の中が汚れているなど過去は考えもしませんでした。

 

使用年数に応じて洗濯機の中は汚れが蓄積します。

 

カビ汚れ・洗剤の残留・皮脂汚れ・ホコリなどあの独特な『生乾き』の様な水のニオイも汚れが原因です。

 

それら諸問題の解決には、やはり市販のクリーナーでは限界があります。

 

一度分解して根本的に洗浄を行わない限り原因を残したまま洗濯機を使い続ける事になります。

 

なかには買換え時だからと新しい物に交換する方もいらっしゃいますが

 

洗濯機・・・安い買い物ではありませんよね。

 

加えて新品でも汚れは時間と共に蓄積します。

 

過去のブログもぜひご参照ください。

 

洗濯槽クリーニング①

 

洗濯槽クリーニング②

(クリックすると過去のブログに移動します)

 

今回ご紹介する洗濯槽クリーニングは

 

パナソニック製の乾燥機付きモデルで人気の機種です。

 

分かりやすく写真でご紹介です。

 

 

 こちらが今回の機種です。

パナソニックの家電は不動の人気ですね。

性能と見た目もカッコイイです。

 上部の化粧パネルを全て外すと

洗濯槽が見えてきました。

奥には黒い2本の蛇腹が見えます。

 

隠しビスが多い!

 

シールでかくして部品の陰に隠して…(^_^)

 

いよいよ洗濯槽を取り外します。

 

中蓋を取って引き抜きます。

 

 

今回の機種は ナットで固定されてます。

がっちり固定してハンマーで叩いて

回して外していきます。

 ナットが取れても…。

底面がビッチリくっついて

いるので引き抜くのに一苦労。

 

パナソニックの洗濯槽・・・汚れ方が独特です。

 

裏側の中央には、かなり強い汚れがモコモコと…。

 

画像をアップする方は覚悟して見てください。

 

 

 後ほど洗浄後の写真と比較すると

中央部の本来の形が分かります。

 洗濯槽を覆っていた上蓋。

裏面をご覧のとおりカビです。

 洗濯槽の裏側。

白い部分は分かりやすいですね。

金属部は少し見えづらいかも。

 脱水槽を見ても洗濯槽クリーナーを

使った事は分かります。

 

 

ご参考までに申し上げると普通の状態です。

 

むしろ使用年数から考えるとお客様の仰る通り

 

定期的に洗濯槽クリーナーを使っている事が伺えます。

 

ちなみに過去一番は『とあるネイルサロンの洗濯機』でした!

 

ご依頼主様と一緒に確認して、毎年ご依頼いただく事になったほど愕然とされてました。

 

やっと分解が終わって、これから洗浄クリーニングです。

 

 

 洗浄が進むと中央部の形が・・・

本来は実は、くぼんでたんですね。

最後の仕上げは細かい所。

凹凸に入り込んだ汚れの除去。

 しっかり洗浄し、お客様にも

 

ご確認を頂いた上で組み立てます。

 

『やっておきました!』では

 

確認のしようがないですよね。

 

組立てが分解より時間がかかる訳で・・・

 

 

普段より多少お時間を多く頂く事になりましたが

 

組立後は試運転を長めに行い、全ての工程を確認して

 

完了です。

 

気になる方はぜひお気軽にお問い合わせください

 

ご相談・お見積もり無料です。

 

皆様からのお問合せお待ちしております。

関連のお掃除ビフォアー&アフターを見る